-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  
2011-09-18 (Sun)
「Artisan」様よりご提供頂きました、世界初の素材と設計で開発されたマウスパッド【隼】のレビューです。

■プレイ環境
マウスパッド:隼L(42×33×4mm)
マウス:EC2 Black
ソール: PerfectGlide
プレイタイトル:Alliance of Valiant Arms
センシ:ゲーム内16 dpi500


■比較対象
飛燕
QcKHeavy
Goliathus Speed Edition
Talent


■ファーストインプレッション■
表面に特有の艶があり、Artisan特有の単泡ゴムを使用した中間層を使用しており、Qckと違い凹みやウネリといった部分が一切見られず【品質の高さ・違い】を感じました。


■Section 1 滑り具合
独特手触りでマウスにマウスパッドが吸い付くような操作感。
そのため、滑るような感じはしないのですが、実際にFPSをプレイしてみると初動の滑り出しがとても軽快で、敵に照準を合わせる速度が格段に早くなったのが実感できました。
Qckと比べると天と地の差でしょう。圧倒的に隼の方が優れていると思います。

隼 8/10
QcK 4/10
飛燕 7/10
Goliathus 6/10
Talent 6/10


■Section 2 止まり具合
滑らず止まるQckと同等、もしくはそれ以上の止めやすさだと思います。
「意識せずとも吸い付くように止まる」これが一番近い表現ではないでしょうか。
その要因は分からないのですが、とにかく止まるんです…

隼 9/10
QcK 8/10
飛燕 8/10
Goliathus 5/10
Talent 6/10

■Section 3 耐久性能
2週間程使ってみましたが、ホツレなどの異常は一切見られません。

■Section 4 マウスとの相性
横向きで使っていますが特に問題ありません。
縦置きで使った際にネガティブアクセルの現象が見られる事がでるマウスがあるようなので注意
※Artisan公式ページ参照(G300/Kinz V2/ZOWIE AM)


■総合評価
私が思う隼の最大の特徴(長所)は、滑り・止まりの性能の両立による
マウスコントロール(Aiming)のし易さだと思います。
隼より滑るマウスパッド、隼より止まるマウスパッドは存在するでしょう。
しかし、滑りと止まりのバランスがここまで優れたマウスパッドは私は知りません。
隼はこれまでのマウスパッドでは成し得なかったマウスコントロール(Aiming)
を可能にしてくるでしょう。
是非一度試してみて下さい!


製品詳細は画像をクリック
隼


本人への質問はコチラまでどうぞ
Twitter:https://twitter.com/Ultra_ys
スポンサーサイト
Review   Comment (0)  Trackback (0) 
2011-09-14 (Wed)
Section 1 (Intro)

この1年間プラスチック製のマウスパッドを使ってきましたが、先日Artisan様からサポートを受けることになり、「雷電」という名の布製マウスパッドを頂きました。使用開始からまだ2週間程しか経っていませんので、主に第一印象の視点からこのレビューを書いていきたいと思います。


テスト環境:Artisan 雷電 MID & SteelSeries Sensei[RAW] Glossy
Alliance Of Valiant Arms & Counter Strike 1.6

ひとまず製品仕様の紹介をしていきます(Artisan公式サイトhttp://www.artisan-jp.com/item_raiden_mid.html参考)
滑走面 細番手糸の高密度編地( ポリエステル )
※ハイ/ミドル センシに向いています
中間層 特殊構造単泡フォーム
※マウス操作時に上下動が発生しない平滑な表面
防滑 エンボス加工
※完璧防滑を実感できます
サイズ L なし
M 31.5 x 24.5 x 3 mm
S なし
硬度 MID

ただし公式サイトにも載っているのですが、そちらの注意点も紹介させて頂きます。
「滑らかな滑りと高速初動の特徴的な製品。
魅力ある製品ですがマウスとの相性があります。
※光学系でリフトオフディスタンスが短いマウスとの相性が良くない傾向があります。」



Section 2 (Looks and feel)

大きさはSteelSeries 9HDほぼ同等です。現在販売されてる雷電は1色(コーヒーブラウン)と1サイズ(Mサイズ)のみです。今後チョイスが増えることに期待ですね。
触り心地はごく一般布マウスパッドとあまり変わらず。ただ、ザラザラ感はちょっと少ないほうではないでしょうか。硬さは柔らかすぎず、硬すぎず私にはちょうどよかったです。
マウスパッドの淵のカットされた面は非常にスムーズで当たっても気にならないですね。
個人的に思ったことは見た目は非常にシンプルにも関わらず、仕上がりのクォリティーは満足度を遥かに超えるラインまできてます。 1枚 2,480円 。値段もお手ごろ価格ではないでしょうか。



Section 3 (The Test)

Windowsセンシはデフォルトのど真ん中。マウスは450CPI。CS1.6ゲーム内センシは2.8、A.V.Aは16。



Section 4 (The Result)

今まで使ってきた布製品とは段違い、さすがにプラスチック製品ほどは滑りませんでしたが非常に近い感覚が得られました。しかも滑りが非常に軽くて滑らか。ゲームやってるより一日中マウスを振りたいくらいでした。結構滑るマウスパッドは大暴走しそうなイメージがあったんですが、この製品はマウスを止めたい時にはしっかり止まってくれました。マウストラッキングの精度はやや高め。
展開の速いFPSでもマウスパッドのズレはありませんでした。高速初動に慣れるまでは少し時間は掛かりましたが、慣れてからは出会いがしらの敵の対処が非常に楽に感じました。
ただ、A.V.AだとSRよりARのほうが非常にやりやすかったと思います。高速初動のせいだろうか。それともSRのセンシを変えるべきなのだろうか。今後色々試して行きたいと思います。



Section 5 (Conclusion)

プラスチックパッド使ってたときの一番の悩みがやはりマウスソールの消耗速度。数ヶ月置きに貼りかえる→何気に結構な出費。雷電はこれを改善してくれそうですね。
雷電は確かに常識を覆すマウスパッドでした。プラスチックパッドの良さを布だけで近づけれることにほぼ成功したとも言えるでしょう。現在プラスチックパッドを使用されている方、されていた方、過去マウスソールの消耗速度に悩まされている方、今後本格的にゲーミングデバイスの購入を検討されている方、是非この製品を試して頂きたいです。

マウスパッドというのはやはり好みという問題もあるでしょう。洋服みたいに、好き嫌い、合う合わないが存在してると思いますので今後色とサイズのバリエーションが増えることを非常に期待してます。
また使用時期がある程度経過したらまたレビューを書きたいと思います。


製品詳細は画像をクリック
雷電




ZeroDbはSNS等が無いため、質問は下記コメントへお願い致します。
Review   Comment (0)  Trackback (0) 
2011-09-13 (Tue)
【使用環境】
マウス Mamba2012 (1000Hz 400dpi)
ゲーム ava(感度7.9)
振り向き 37cm

マウスソール トスベール


【紫電改MID】

触り心地 少し固め・ガラスコーティングなので布の触り心地よりプラパッドに近い感触。

サイズ L

弾力 MIDなので沈み込みはほとんどなし。

持ち運び 既存のXSOFTのようにグルグルには丸められませんが、丸めることはできるので問題なし。

初動 速い。他のプラパッドと比べても遜色なし。

止まり 止まらない。・・・と言われています。(詳しくは後記します。)

滑り 最速レベル。プラパッドに近いか、同等。


【1年ほど使い続けての感想】

最初に、スナイパーはドラッグが命です。
ドラッグが速ければ速いほど強いです。当てれば勝てるのだから。

1年前はQck Hevy を使っていました。紫電改とは全くの対極のパッドです。
「滑らないから、安定する!!」って思ってたんですね。
だけど、ローセンシで滑らないパッドは限界があり、プレイヤーとしての成長も止まりました。

「滑り+大きさ+厚さ」この全てを満たすパッドを探しました。
既存のプラパッドでは大きさ、厚さが足りない。
既存の布パッドでは滑りが足りない。
そこで紫電改を見つけました。

最初はこの滑りの速さに戸惑いましたが、
2日ほど使い続けると自分が敵を倒しているのに「何で今の敵死んだの?」とメンバーに聞いていたほどドラッグスピードが上がりました。
やはりドラッグの速さが見てわかるほど上がり、よく配信等で勝手にハイセンシと思い込まれるぐらいまで向上しました。

次に、上記した『止まり』について。
紫電改を使っていてよく質問されることが、「紫電改って止まりますか?」ということです。
『止まる』ってどういうことですか?
敵を見つけ、敵に向かってマウスを動かし、クリックする。
この中で自分のマウスを持つ手で『止める』ことはあっても、マウスパッドのおかげで自動的に『止まる』ことはないと思うんです。
「紫電改は止まらない」とよく目にしますが、「止まる、止まらない」の感覚が僕には理解できなかったです。
「止まる」パッドが良いのであれば、紫電改は使ってないです。
「滑る」パッドが良いので、紫電改を使っています。

ですが確かにアサルターの方はクリックを連打することが多いので、滑りすぎるパッドは不向きかもしれません。
「反応なら負けないのに。」「置いてれば勝てるのに。」「ドラッグスピードを上げたい。」というスナイパーの方に紫電改を強くオススメします。

滑り具合は動画を参照してくだい。



製品詳細は画像をクリック
紫電改


本人への質問はコチラまでどうぞ
Twitter:https://twitter.com/AfroN__


Review   Comment (0)  Trackback (0) 
2011-09-08 (Thu)
Review by pO_xq
Review   Comment (0)  Trackback (0) 
2010-09-12 (Sun)
Artisan疾風Review by pO_xq
Artisan零Review by Ka1ChaN
Artisan紫電改MIDReview by AfroN
Artisan雷電MIDReview by ZeroDb
Artisan隼Review by Ultrays[NEW!]
Artisan疾風Review by skRヾ[Coming Soon!]
Review   Comment (0)  Trackback (0) 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。